日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ここから本文です。

5 購入形態別支出

(1) 概況

 全世帯の1世帯当たりの消費支出を購入形態別にみると,「現金」は299,340円で,消費支出全体(320,063円)の93.5%を占め,「クレジットカード,月賦,掛買い」は20,724円で6.5%となっている。購入形態別割合の推移をみると,現金の割合は,平成6年が95.6%,11年が94.6%,16年が93.5%と低下が続いており,「クレジットカード,月賦,掛買い」の割合は6年が4.4%,11年が5.4%,16年が6.5%と上昇が続いている。

 費目別に購入形態別支出割合をみると,「現金」については,光熱・水道,教育が99%台と高いほか,住居,保健医療,「その他の消費支出」が95%を超え,食料,交通・通信,教養娯楽も90%を超えている。一方,「クレジットカード,月賦,掛買い」については,被服及び履物,家具・家事用品がそれぞれ25.2%,17.3%と高くなっている。なお,平成11年と比べると,「クレジットカード,月賦,掛買い」の割合は,すべての費目で上昇している。(表V-12)

表V-12 購入形態別支出金額と構成比の推移(全世帯)

表V-12 購入形態別支出金額と構成比の推移(全世帯)

(2) 品目別にみた「クレジットカード,月賦,掛買い」の状況

 品目別に「クレジットカード,月賦,掛買い」の購入割合をみると,ビデオカメラが55.9%と最も高く,次いで貴金属類などの装身具が54.5%,男子用コートが51.1%,婦人用コートが50.5%,腕時計が49.7%などと続いており,比較的高額な商品が多い耐久消費財や被服などの品目で「クレジットカード,月賦,掛買い」の購入割合が高くなっている。(表V-13)

表V-13 クレジットカード,月賦,掛買いの購入割合の高い品目(全世帯)

表V-13 クレジットカード,月賦,掛買いの購入割合の高い品目(全世帯)

VI 地域の家計 へ

バック ホーム

ページの先頭へ戻る