日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ここから本文です。

4 世帯主の年齢階級別にみた購入先

(1) 概況

 消費支出について世帯主の年齢階級別に購入先別割合をみると,一般小売店は,40歳台までは年齢階級が高くなるに従って低下し,それ以降は上昇する。また,百貨店でもほぼ同様の傾向がみられる。

 逆に,スーパーは,40歳台までは年齢階級が高くなるに従って上昇し,それ以降はおおむね低下している。また,生協・購買でも同様の傾向がみられる。

 ディスカウントストア・量販専門店は,年齢階級が高くなるに従って低くなっており,30歳未満が最も高く,70歳以上が最も低くなっている。コンビニエンスストアでも同様の傾向がみられる。

 通信販売(インターネット)は,30歳未満及び30歳台が1%以上とやや高くなっており,年齢階級が高くなるに従って低下している。一方,通信販売(その他)は,年齢階級が高くなるに従っておおむね上昇している。(表V-11)

(2) 費目別の比較

ア 食料

 世帯主の年齢階級別に食料の購入先別割合をみると,一般小売店は,40歳台までは各年齢階級とも12.1〜12.2%となっており,それ以降は年齢階級が高くなるに従って上昇し,70歳以上が最も高くなっている。また,百貨店は,40歳台までは年齢階級が高くなるに従って低下し,それ以降は上昇している。

 逆に,スーパーは,30歳未満が最も高く,年齢階級が高くなるに従って低下し,70歳以上が最も低くなっている。また,コンビニエンスストア,ディスカウントストア・量販専門店でも同様の傾向がみられる。

 生協・購買は,40歳台までは年齢階級が高くなるに従って上昇し,それ以降は低下している。

 通信販売(インターネット)は,各年齢階級とも0.1〜0.3%となっている。一方,通信販売(その他)は,年齢階級が高くなるに従って上昇している。(表V-11)

イ 家具・家事用品

 世帯主の年齢階級別に家具・家事用品の購入先別割合をみると,一般小売店は,30歳台が最も低く,それ以降は年齢階級が高くなるに従って上昇している。

 スーパーは,40歳台までは年齢階級が高くなるに従って上昇し,それ以降はおおむね低下している。また,生協・購買でも同様の傾向となっている。

 百貨店は,30歳未満が最も高く,40歳台までは年齢階級が高くなるに従って低下し,それ以降は上昇している。

 ディスカウントストア・量販専門店は,30歳未満及び30歳台で高く,それ以降は年齢階級が高くなるに従って低下し,70歳以上が最も低くなっている。

 通信販売(インターネット)は,年齢階級が高くなるに従って低下している。一方,通信販売(その他)は,30歳未満が最も高く,40歳台までは年齢階級が高くなるに従って低下し,それ以降は上昇している。(表V-11)

ウ 被服及び履物

 世帯主の年齢階級別に被服及び履物の購入先別割合をみると,一般小売店は,30歳未満が32.9%と最も高く,30歳〜60歳台では27%前後に低下し,70歳以上で29.1%に上昇している。

 スーパーは,40歳台までは年齢階級が高くなるに従って上昇し,それ以降はおおむね低下している。また,生協・購買は,50歳台までは年齢階級が高くなるに従って上昇し,それ以降は低下している。

 百貨店は,40歳台までは年齢階級が高くなるに従って低下し,それ以降は上昇している。

 ディスカウントストア・量販専門店は,30歳未満及び30歳台で高く,それ以降は年齢階級が高くなるに従って低下し,70歳以上が最も低くなっている。

 通信販売(インターネット)は,年齢階級が高くなるに従って低下している。一方,通信販売(その他)は,50歳台が2.9%となっているほかは,すべての年齢階級で3%以上となっており,70歳以上が4.0%と最も高くなっている。(表V-11)

エ 教養娯楽

 世帯主の年齢階級別に教養娯楽の購入先別割合をみると,一般小売店は,30歳未満が最も低く,それ以降は年齢階級が高くなるに従って上昇している。また,生協・購買でもおおむね同様の傾向となっている。

 逆に,ディスカウントストア・量販専門店は,30歳未満が29.5%と最も高く,それ以降は年齢階級が高くなるに従って低下している。

 スーパーは,50歳台までは年齢階級が高くなるに従って上昇し,それ以降は低下している。

 百貨店は,30歳未満及び30歳台で高く,それ以降は4%前後となっている。

 通信販売(インターネット)は,30歳台が4.1%と最も高く,それ以降は年齢階級が高くなるに従って低下している。一方,通信販売(その他)は,40歳台までは1.2〜1.4%と低く,それ以降は年齢階級が高くなるに従って上昇している。(表V-11)

オ 諸雑費

 世帯主の年齢階級別に諸雑費の購入先別割合をみると,一般小売店は,30歳台が24.9%と最も低く,それ以降は年齢階級が高くなるに従って上昇している。

 コンビニエンスストアは,30歳未満が11.1%と最も高く,それ以降は年齢階級が高くなるに従って低下している。また,ディスカウントストア・量販専門店でも同様の傾向となっている。

 通信販売(インターネット)は,30歳未満及び30歳台で高く,それ以降は年齢階級が高くなるに従って低下している。一方,通信販売(その他)は,50歳台までは年齢階級が高くなるに従って上昇し,それ以降は低下している。(表V-11)

表V-11 世帯主の年齢階級,費目別支出金額の購入先別割合(全世帯)(%)

表V-11 世帯主の年齢階級,費目別支出金額の購入先別割合(全世帯)

V - 5 購入形態別支出 へ

バック ホーム

ページの先頭へ戻る