日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ここから本文です。

平成19年全国物価統計調査 結果表利用上の注意

  1. 統計表中の数値は、四捨五入したものである。
  2. 統計表中の「-」は、該当数値がないものを示す。
  3. 通信販売価格編において集計している価格については、用語の解説(通信販売価格編)を参照。
    店舗価格編において集計している価格については、用語の解説(店舗価格編)を参照。
  4. 通信販売価格編及び店舗価格編の集計における「平均」・「平均価格」・「平均料金」は、調査価格(料金)の単純平均である。

  5. 全国物価地域差指数編の集計における「平均価格」については、 「全国物価地域差指数の作成方法」(PDF:50KB)を参照。
  6. 価格分布・料金分布における1%点、5%点とは、調査された価格(料金)を低い方から順に並べ、低い方から数えて1%目、5%目の位置に当たる価格(料金)をいう。
    25%、50%及び75%点は、全体を同じ価格数になるように四つのグループに分けた場合の三つの境界に当たる価格値であるため、25%点を第1四分位、50%点を第2四分位又は中位数(中央値)、75%点を第3四分位ともいう。また、この75%点の値と25%の値の差を四分位範囲といい、四分位範囲の2分の1を四分位偏差という。
    このように、価格の違いを見る際には単に平均価格だけではなく、調査された価格の分布状況、すなわち、散らばり度合いも重要な要素で、1%点、5%点等は価格の散らばり度合いを見るための指標として利用される数値である。
    また、累積度数分布図や箱ひげ図を用いグラフにすると、価格水準と価格のばらつき状況を視覚的にとらえることができる。

  7. 「標準偏差」は、平均値に対する調査価格(料金)の差を2乗したものの合計を(調査価格(料金)数-1)で割ったものの平方根である。
      標準偏差

  8. 平成19年調査においては、調査市町村に所在する売場面積1,000平方メートル以上の店舗をしっ皆調査対象としたが、平成9年調査及び14年調査においては、売場面積450平方メートル以上の店舗をしっ皆調査対象としていた。平成19年調査についても、店舗価格編及び通信販売価格編第2次集計において、参考に450平方メートル以上・未満の売場面積階級区分を用いて集計しているが、比較する際には留意する必要がある。

 

バック ホーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る