日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > 統計トピックス > 統計トピックスNo.5 統計からみた我が国の高齢者−「敬老の日」にちなんで−

ここから本文です。

平成15年9月14日
総務省

統計トピックスNo.5

65歳以上人口は過去最高の2431万人 -「敬老の日」にちなんで-(推計人口、労働力調査、就業構造基本調査、家計調査の結果から)

 総務省統計局では、「敬老の日」(9月15日)を迎えるに当たり、統計からみた我が国の高齢者のすがたについて取りまとめた。

要約

  1. 高齢者人口の現状と将来
    • 65歳以上人口は過去最高、男性の高齢者が初めて1000万人を超える
      • 65歳以上人口は男性1026万人、女性は1405万人
    • いっそう高まる65歳以上人口の割合
      • 65歳以上人口の割合は昭和25年以降年を追って上昇し、平成15年には19.0%と、総人口のおよそ5人に1人の割合となる
    • 欧米諸国に比べて急速な我が国の人口高齢化
      • 65歳以上人口の割合は今後も上昇、国際的にみて最も急速に高齢化が進む見込み
  2. 高齢者の就業と暮らし
    • 高齢者の労働力人口比率は欧米諸国より高い水準
      • 高齢者の労働力人口は487万人、労働力人口比率は20.7%
    • 高齢者の有業率が高いのは長野県、山梨県、福井県など
      • 都道府県別の高齢者有業率は長野県30.7%、山梨県28.3%、福井県27.7%、鳥取県27.4%、静岡県27.3%
    • 高齢無職世帯の消費支出は勤労者世帯に比べ堅調
      • 60歳未満の勤労者世帯の消費支出は減少しているのに対し、高齢無職世帯では増加

(見出しをクリックすると本文を見ることができます。)

日本地図

【参考】

  • 高齢者
    「高齢者」とは、一般的には65歳以上の者をいい、75歳未満の者を前期高齢者、75 歳以上の者を後期高齢者と分ける場合もある。
    本文においても、65歳以上の者を「高齢者」と呼んでいる。
  • 倍化年数
    一般に、高齢化率が7%を超えた社会を「高齢化社会」、14%を超えた社会を「高齢社会」と呼んでいる。倍化年数とは、「高齢化社会」から「高齢社会」に到達するまでの所要年数であり、高齢化の進展を示す指標として国際比較などで使われている。

【問い合わせ先】
統計調査部調査企画課企画係
担当 : 羽渕課長補佐、今川係長
TEL : (03)5273-1159
FAX : (03)5273-1183
Eメール: メールソフトが起動しますr-kikaku@soumu.go.jp

【各項目に関する問い合わせ先】

  1. 高齢者人口の現状と将来
    (推計人口)
    国勢統計課人口推計係
    TEL 03-5273-1009
  2. 高齢者の就業と暮らし
    (労働力調査)
    労働力人口統計室審査発表第一係
    03-5273-1162
    (就業構造基本調査)
    労働力人口統計室企画指導第二係
    03-5273-1190
    (家計調査)
    消費統計課審査発表係
    03-5273-1174

 住宅シンボルマーク10月1日 「住宅・土地統計調査」を実施します

バック ホーム

ページの先頭へ戻る