日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > 統計トピックス > 統計トピックスNo.97 統計からみた我が国の高齢者(65歳以上)−「敬老の日」にちなんで− > 4.高齢者の暮らし

ここから本文です。

4.高齢者の暮らし

ICTを活用する高齢者が増加

 二人以上の世帯について、世帯主の年齢階級別にインターネット接続料注)の年間支出金額を平成27年とその5年前の平成22年との増減(差)を比較すると、増加幅が最も大きいのは60〜69 歳の世帯(5,305 円の増加)で、次いで70 歳以上の世帯(4,027 円の増加)などとなっています。(図11)
 

図11  世帯主の年齢階級別1世帯当たりインターネット接続料の年間支出金額(平成22年、27年:二人以上の世帯) 資料:「家計調査」(家計収支編) 注)インターネット接続料:携帯電話による通信料は含まれない。


 インターネットの利用率について、通信利用動向調査から利用者の年齢階級別に5年前と比較すると、70〜79 歳が14.3 ポイント増と最も大きく、次いで60〜69 歳が12.2 ポイント増などとなっており、ICT の活用する高齢者が増えていることがうかがえます。(図12)

図12  利用者の年齢階級別インターネット利用率(平成22年末、27年末) 資料:「通信利用動向調査」


「通信利用動向調査」の詳しい結果は、こちら(http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/statistics/statistics05.html)別ウィンドウで開きます。を御覧ください。 


健康に気を配り、趣味を楽しむ高齢者

 二人以上の世帯について、世帯主の年齢階級別に国内旅行や海外旅行などの「パック旅行費」の年間支出金額をみると、世帯主が65 歳以上の高齢者世帯が年間6万円を超え最も高く、最も低い25〜34歳の世帯に比較して約2倍となっています。「園芸用植物、園芸用品」、カルチャースクール等の月謝の一部などを含む「他の教養的月謝」も高齢者世帯の支出金額が最も高くなっています。
 また、サプリメントなどの「健康保持用摂取品」についてみると、世帯主の年齢が高くなるほど年間支出金額が高くなっており、高齢者世帯の支出金額は25〜34 歳の世帯の金額の約6倍となっています。(図13)
 このように、健康管理に気を配りながら、旅行や趣味を楽しむ高齢者のすがたが見て取れます。

図13 世帯主の年齢階級別1世帯当たりの年間支出金額及び消費支出に占める割合(平成27年:二人以上の世帯) 資料:「家計調査」(家計収支編) 注1)園芸用植物、園芸用品:「園芸用植物」及び「園芸用品」の2品目の合計値 注2)他の教養的月謝:茶道、着物着付け教室、社交ダンス、バレエ、絵画などの月謝(音楽を除く教養的な月謝。なお、語学、珠算、簿記、パソコン等の教育的な月謝は含まれない。)
注3)二人以上の世帯における世帯主の年齢階級別結果であり、世帯内の他の年齢階級の世帯員分の支出も含む。




button3.高齢者の就業へ


5.高齢者の家計へbutton

バック ホーム

ページの先頭へ戻る