日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > 統計トピックス > 統計トピックスNo.84 統計からみた我が国の高齢者(65歳以上)−「敬老の日」にちなんで− > 3.高齢者の就業

ここから本文です。

3.高齢者の就業

日本の高齢者の就業率は、主要国で最高

 主要国における高齢者の就業率を10年前と比較してみると、カナダは+5.3ポイント、アメリカは+4.2ポイント、イギリスは+3.7ポイントと、各国共に上昇していますが、平成25年の日本における高齢者の就業率は20.1%と、主要国で最も高い水準にあります。(図3)


図3 高齢者の就業率の国際比較(平成15年、25年) 資料:「OECD.Stat」より作成 http://stats.oecd.org/

高齢者の就業者数は、10年連続で増加し、636万人と過去最多
就業者総数に占める割合は、10.1%と過去最高

 平成25年の高齢者の就業者数は前年と比べ41万人増加し、10年連続の増加で636万人と、過去最多となっています。
 また、平成25年の高齢者の就業率は、男性が28.6%、女性が13.7%となっています。このうち、65〜69歳の就業率は、男性が48.8%、女性が29.3%といずれも前年より高くなっています。(図4、図5)

※)比較可能な昭和43年以降

図4 高齢者の就業者数の推移(平成元年〜25年)

図5 高齢者の就業率の推移(平成元年〜25年)


 15歳以上の就業者総数に占める高齢者の割合は10.1%となり、前年に続き過去最高となっています。(図6)

※)比較可能な昭和43年以降


図6 就業者総数に占める高齢者の割合の推移(平成元年〜25年) 資料:「労働力調査」(基本集計) 注)平成23年は、補完推計値を使用している。


高齢雇用者の7割超は非正規の職員・従業員
「自分の都合のよい時間に働きたいから」が最多の理由

 平成25年の就業者のうち、雇用されている者は役員を除いて5201万人であり、うち高齢者(以下「高齢雇用者」といいます。)は、285万人と、役員を除く雇用者全体の5.5%を占めています。
 また、雇用されている5201万人について、正規・非正規の別をみると、正規の職員・従業員が3294万人、非正規の職員・従業員が1906万人となっています。このうち、高齢雇用者の非正規の職員・従業員は203万人と、高齢雇用者の71.5%を占めています。(図7)


図7 雇用形態別高齢雇用者数及び非正規の職員・従業員の占める割合の推移(平成14年〜25年)


 高齢雇用者について雇用形態別の内訳をみると、パート・アルバイトが46.7%と最も高く、次いで正規の職員・従業員が28.5%、契約社員が8.4%などとなっています。(図8)

図8 役員を除く高齢雇用者の雇用形態別内訳(平成25年)


 雇用形態が非正規の職員・従業員の高齢雇用者について、現在の雇用形態についた主な理由別にみると、「自分の都合のよい時間に働きたいから」が30.1%と最も高く、次いで「家計の補助・学費等を得たいから」が21.0%、「専門的な技能等をいかせるから」が13.4%などとなっています。(図9)

図9 非正規の職員・従業員の高齢雇用者が現在の雇用形態についた主な理由別内訳(平成25年) 資料:「労働力調査」(詳細集計) 注)雇用者は「役員」と「役員を除く雇用者」に分けられる。また、「役員を除く雇用者」については、雇用形態を勤め先での呼称により「正規の職員・従業員」、「パート・アルバイト」、「契約社員」、「嘱託」、「労働者派遣事業所の派遣社員」及び「その他」に分けており、「正規の職員・従業員」以外を「非正規の職員・従業員」としている。


◆「労働力調査」の詳しい結果は、こちら(http://www.stat.go.jp/data/roudou/index.htm)を御覧ください。



button2.高齢者の人口移動へ


4.高齢者の住まいへbutton

バック ホーム

ページの先頭へ戻る