日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > 平成23年社会生活基本調査 > 社会生活基本調査 トピックス > 統計トピックスNo.64 統計からみたスポーツの今昔 -「体育の日」にちなんで-

ここから本文です。

平成24年10月7日
総務省

統計トピックスNo.64

統計からみたスポーツの今昔 -「体育の日」にちなんで-

 「体育の日」(10月8日)を迎えるに当たって、7月13日に公表した平成23年社会生活基本調査の生活行動に関する結果から我が国のスポーツ(※)の実施状況について、過去25年間の時系列的推移にスポットを当てて取りまとめました。

※ 「スポーツ」は,職業スポーツ選手が仕事として行うものや,学生が体育の授業で行うものは除き,クラブ活動や部活動は含む。

要約

1 現在最も盛んなスポーツ

  • 男女共にウォーキング・軽い体操とボウリングの行動者率が高く、手軽で幅広い年齢層で行われるスポーツの行動者率が高い

2 スポーツをした人の割合の推移

  • スポーツの行動者率は20年間で一貫して低下
  • ゴルフやテニスなどの行動者率はバブル末期の1991年が最も高い
  • サッカーの行動者率は上昇傾向、野球とバレーボールは低下傾向

3 年齢階級別にみたスポーツをした人の割合の変化

  • スポーツの行動者率は、25年前と比較すると、60歳以上で上昇、60歳未満で低下、特に20〜30歳代は約20ポイント低下
  • 登山・ハイキングは今も25年前も60歳以上で盛んに行われている
  • サイクリングとサッカーの行動者率は20歳以上で上昇、ジョギング・マラソンは20歳以上では変化が少ない
  • 水泳やバレーボールなどの行動者率は、特に15〜19歳で大きく低下
  • ゴルフの行動者率は25〜29歳、テニスなどの行動者率は20〜24歳で大きく低下

4 若年層におけるサッカーをした人の割合の推移

  • 男性のサッカーの行動者率は、1996年以降、10歳代は低下、20歳代は上昇傾向
  • 女性のサッカーの行動者率は、1986年以降、20〜24歳は一貫して上昇

別添(参考)年齢階級別上位10種目のスポーツの順位と行動者率(2011年)


【用語】
 行動者率…10歳以上人口に占める過去1年間に該当するスポーツを行った人の割合(%)


(見出しをクリックすると本文を見ることができます。)


【社会生活基本調査とは】
 社会生活基本調査は、国民の生活時間の配分及び自由時間における主な活動について調査し、各種行政施策の基礎資料を得ることを目的とし、昭和51年の第1回調査以来5年ごとに実施している統計法に基づく基幹統計『社会生活基本統計』を作成するための統計調査です。
 平成23年社会生活基本調査は、全国の世帯から無作為に選定した約8万3千世帯に居住する10歳以上の世帯員約20万人を対象に、平成23年10月20日現在で実施しました。
 生活行動(自由時間における主な活動)に関する結果は平成24年7月13日、生活時間に関する結果は、平成24年9月26日に公表しました。なお、詳細な生活時間に関する結果は平成24年12月に公表する予定です。


PDF版はこちら(PDF:620KB)


<お問い合わせ先>
総務省統計局統計調査部労働力人口統計室 研究分析係
〒162-8668 東京都新宿区若松町19番1号
Tel: 03-5273-1163
Fax: 03-5273-1184
E-mail:メールソフトが起動しますl-kenkyu@soumu.go.jp

バック ホーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る