日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > 統計トピックス > 統計トピックスNo.24 統計からみた我が国の高齢者−「敬老の日」にちなんで− > II 高齢者の就業

ここから本文です。

II 高齢者の就業

高齢就業者は500万人を超え、産業別ではサービス業で拡大

 高齢者のうち就業している者(高齢就業者)は、平成18年に510万人と、初めて500万人を上回りました。
 産業別にみると、「農林業」が115万人(高齢就業者の22.5%)と2割強を占め最も多く、このほか、「卸売・小売業」(87万人、同17.1%)、「サービス業」(86万人、同16.9%)、「製造業」(66万人、同12.9%)で1割以上となっています。
 平成15年からの推移をみると、建物サービス業などの「その他の事業サービス業」の増加により、「サービス業」の割合が拡大しています。(表3)

表3 高齢者の主な産業別就業者数及び割合(平成15年〜18年)

1〜29人規模の企業で高齢者の6割を雇用

 高齢就業者のうち非農林業雇用者について、企業の従業者規模別(官公を除く。)にみると、1〜29人規模の企業が140万人(非農林業雇用者の60.9%)、30〜499人規模が71万人(同30.9%)、500人以上規模が19万人(同8.3%)と、1〜29人規模で6割を占めています。
 平成15年からの推移をみると、30〜499人規模と500人以上規模で拡大傾向を示しています。(表4)

表4 高齢者の企業の従業者規模別にみた非農林業雇用者数及び割合(平成15年〜18年)

◆「労働力調査」の詳しい結果をご覧になる場合は、こちらをご参照ください。

buttonI 高齢者の人口へ

III 高齢者の家計へ button

バック ホーム

ページの先頭へ戻る