日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > 統計でみる都道府県・市区町村のすがた(社会・人口統計体系) > 統計のご案内 > 統計の作成方法

ここから本文です。

統計の作成方法

1. 編成項目

社会・人口統計体系では、国民生活の種々の側面を13の分野に分けて把握しています。(A〜Mは分野符号)

  1. A 人口・世帯
  2. B 自然環境
  3. C 経済基盤
  4. D 行政基盤
  5. E 教育
  6. F 労働
  7. G 文化・スポーツ
  8. H 居住
  9. I 健康・医療
  10. J 福祉・社会保障
  11. K 安全
  12. L 家計
  13. M 生活時間

これらは、下記のとおり、行動主体、環境基盤、行動の場、行動資源、生活行動等の観点から整備され、相互に関連付けられています。

  1. 行動主体・・・生活の行動主体である国民、住民
  2. 環境基盤・・・生活行動や行動の場の背景となる自然環境、経済基盤、行政基盤
  3. 行動の場・・・生活行動を行う施設、便益
  4. 行動資源・・・生活行動の基礎となる金銭的、時間的資源及びその配分
  5. 生活行動・・・住民の具体的な行動の態様
  6. 実現水準・・・住民の生活行動の結果として達成される結果

図 社会・人口統計体系の構成概念図


ページの先頭へ戻る

2. 基礎データの対象地域

収集する基礎データの対象地域は、都道府県及び市区町村とします。

3. 基礎データの対象年次

収集する基礎データの対象年次は、原則として収集可能な最新年次とします。

4. 編成方法

  • 時期: 毎年、編成(既存データの更新、新規データの開発)
  • 地域: 都道府県(1975年〜)、市区町村(1980年〜)
  • 方法: 各府省及び団体等からのデータ収集
  • 事務: 次のとおり

図 社会・人口統計体系の編成方法図

バック ホーム

ページの先頭へ戻る