日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > 統計でみる都道府県・市区町村のすがた(社会・人口統計体系) > 統計のご案内 > 統計の目的

ここから本文です。

統計の目的

社会・人口統計体系は、人口・世帯、自然環境、経済基盤、行政基盤、教育、労働、居住、健康・医療、福祉・社会保障など国民生活全般の実態を示す地域別統計データを収集・加工し、これを体系的に編成したもの(毎年)です。

非経済的側面を含む各種統計データの整備により、国民生活の実態把握、生活水準の測定や各種施策の企画・立案等に資すること、また、地域別データにより、地域特性を明らかにし地域分析に資することを目的としています。

バック ホーム

ページの先頭へ戻る