日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ここから本文です。

<参考> 総世帯の家計

1 1人当たり消費支出は実質 1.4 %の増加

 平成14年の総世帯(平均年齢53.2歳)の1人当たりの1か月平均消費支出は 102,599円で,前年に比べ名目0.3%,実質では1.4%の増加となった。

 消費支出を主要費目別にみると,交通・通信(+3.7%),保健医療(+2.0%), 教養娯楽(+1.8%),食料(+1.6%),被服及び履物(+1.1%),光熱・水道 (+0.8%),住居(+0.6%)が実質増加となった。
 一方,家具・家事用品(-1.6%),教育(-0.8%)が実質減少となった (参考図1,参考表)。

参考図1 1人当たり主要費目の対前年実質増加率(平成14年-全国・総世帯)

2 1人当たり消費支出は4期連続で実質増加

 平成14年の総世帯1人当たりの消費支出を四半期別に対前年同期実質増加率でみると,1年を通じて通信などのサービスへの支出が好調だったことから,4期連続の実質増加となった(参考図2,参考表)。

参考図2 1人当たり消費支出の対前年同期実質増加率(全国・全世帯)

参考表 1人当たり消費支出金額と対前年(同期)増加率の推移(全国・全世帯)

バック ホーム

ページの先頭へ戻る