日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > 平成28年社会生活基本調査 > 社会生活基本調査 トピックス > 統計トピックスNo.96 登山・ハイキングの状況−「山の日」にちなんで− > 1 登山・ハイキングを行った人の状況

ここから本文です。

1 登山・ハイキングを行った人の状況

行動者率は,男性は65〜69歳,女性は60〜64歳で最も高い

 15 歳以上の「登山・ハイキング」の行動者は972万7千人で,行動者率は9.0%となっています。男女別にみると,行動者数は男性が494万5千人,女性が478万2千人となっており,行動者率は男性が9.4%,女性が8.6%で,男性が女性より0.8ポイント高くなっています。

 男女,年齢5歳階級別に「登山・ハイキング」の行動者率をみると,男性では65〜69歳が13.2%と最も高く,次いで60〜64歳が12.7%,女性では60〜64歳が12.0%と最も高く,次いで55〜59歳が11.0%となっています。
 このうち,男女ともに行動者率が12.0%以上となる60〜64歳は,いわゆる「団塊の世代」(昭和22年〜24年の第一次ベビーブーム期に出生した世代)を含む年齢階級に当たります。

 平均行動日数は,男女ともに75歳以上が最も多く,50歳代以降,歳を重ねるにつれて増加しています。(図1)

 図1 男女,年齢5歳階級別「登山・ハイキング」の行動者率と平均行動日数(平成23年)

−男−

図1 男女,年齢5歳階級別「登山・ハイキング」の行動者率と平均行動日数(平成23年)

−女−

図1 男女,年齢5歳階級別「登山・ハイキング」の行動者率と平均行動日数(平成23年)

 スポーツの中で行動者率が高い種目を年齢5歳階級別にみると,40歳代後半以上で「登山・ハイキング」を行っている人の行動者率が高いことが分かります。(表1)

表1 年齢5歳階級別スポーツの種目の行動者率の順位−上位5位−(平成23年)
年齢 1位 2位 3位 4位 5位
15〜19歳 ボウリング ウォーキング・軽い体操 ジョギング・マラソン バスケットボール サッカー
20〜24歳 ボウリング ウォーキング・軽い体操 ジョギング・マラソン 野球 サッカー
25〜29歳 ウォーキング・軽い体操 ボウリング ジョギング・マラソン 器具を使ったトレーニング スキー・スノーボード
30〜34歳 ウォーキング・軽い体操 ボウリング ジョギング・マラソン 水泳 サイクリング
35〜39歳 ウォーキング・軽い体操 ボウリング 水泳 サイクリング つり
40〜44歳 ウォーキング・軽い体操 ボウリング 水泳 サイクリング つり
45〜49歳 ウォーキング・軽い体操 ボウリング 器具を使ったトレーニング サイクリング ゴルフ/登山・ハイキング
50〜54歳 ウォーキング・軽い体操 ゴルフ 器具を使ったトレーニング 登山・ハイキング ボウリング
55〜59歳 ウォーキング・軽い体操 ゴルフ 登山・ハイキング 器具を使ったトレーニング つり
60〜64歳 ウォーキング・軽い体操 登山・ハイキング ゴルフ 器具を使ったトレーニング つり
65〜69歳 ウォーキング・軽い体操 登山・ハイキング ゴルフ 器具を使ったトレーニング つり
70〜74歳 ウォーキング・軽い体操 登山・ハイキング 器具を使ったトレーニング ゴルフ サイクリング
75歳以上 ウォーキング・軽い体操 器具を使ったトレーニング 登山・ハイキング ゴルフ ゲートボール

今も昔も,行動者率は,「団塊の世代」を含む昭和17〜26年生まれの人が高い

 「登山・ハイキング」の行動者率を出生年※)別にみると,平成23年では,昭和22〜26年生まれの人が12.4%と最も高く,次いで昭和17〜21年生まれの人が11.9%となっています。15年前の平成8年も同様の傾向となっており,今も昔も,「団塊の世代」を含む昭和17〜26年生まれの人の行動者率が高くなっています。(図2)
 ※) 年齢を生まれ年に換算。図2も同じ。

 図2 出生年別「登山・ハイキング」の行動者率(平成8年,23年)

図2 出生年別「登山・ハイキング」の行動者率(平成8年,23年)

「2 地域別の状況」へ「地域別の状況」へ

バック ホーム

ページの先頭へ戻る