生活時間から、未来を描く 令和3年 社会生活基本調査

社会生活基本調査とは

社会生活基本調査は、わたしたちが1日どのくらいの時間を、
仕事、家事、地域での活動などに費やしているか、また、過去1年間にスポーツ、趣味・娯楽、ボランティア活動など、
どのような活動を行ったかを調査し、国民の社会生活の実態を明らかにすることを目的としています。
また、この調査は、国が実施する統計調査のうち統計法(平成19年法律第53号)という法律により
特に重要なものとされる「基幹統計調査」として実施する調査です。
昭和51年以降5年ごとに実施し、今回が10回目の調査となります。

詳しく見る

回答方法について

調査への回答方法は、「インターネット回答」と
「調査票(紙)での回答」があります。
安心のセキュリティ、24時間いつでも
都合の良い時間に回答できるなどの
メリットがあるインターネットでの回答を、
是非ご利用ください!

インターネット回答(ログイン方法)

回答サイトにアクセスして今すぐインターネット回答

回答サイト(別ウィンドウで開く)

新型コロナウイルス感染症対策

詳しく見る(別ウィンドウで開く)

平成28年結果による生活時間トリビア〜47都道府県ランキング〜

社会生活基本調査から分かる
47都道府県の
ランキングを紹介します。

ランキングを見る