日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > 平成16年サービス業基本調査 > 平成16年サービス業基本調査 調査の結果 > 平成16年サービス業基本調査(確報) 結果の概要 > 1 事業所数及び従業者数

ここから本文です。

1 事業所数及び従業者数

サービス業の従業者数は,平成11年に比べ,129万6千人の増加(9.6%増)

 平成16年6月1日現在における民営のサービス業※)の事業所数は212万6千事業所で,平成11年と比較すると,全産業の事業所数が7.7%減少する中で,1.2%の減少にとどまっている。
 また,従業者数は1476万9千人で,平成11年と比較すると,全産業の従業者数が173万9千人減少(3.2%減)したのに対し,129万6千人の増加(9.6%増)となっている。

図1-1 事業所数(平成11年,16年),図1-2 従業者数(平成11年,16年)


表1 事業所数及び従業者数の増加数,増加率

※)日本標準産業分類における,「不動産業」(不動産取引業を除く),「飲食店,宿泊業」(遊興飲食店を除く),「医療・福祉」(医療業の一部を除く),「教育,学習支援業」(学校教育を除く),「複合サービス事業」(郵便局を除く)及び「サービス業(他に分類されないもの)」(家事サービス業及び外国公務を除く)並びに「情報通信業」の一部をいう。詳細は「調査の概要」を参照。以下同じ。

バック ホーム

ページの先頭へ戻る