日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > 平成16年サービス業基本調査 > 平成16年サービス業基本調査 調査の結果 > 平成16年サービス業基本調査(確報) 結果の概要 > 1 一般飲食店の特色

ここから本文です。

1 一般飲食店の特色

1事業所当たりの収入額が1億円を超えるハンバーガー店

 事業所数の最も多い「一般飲食店」の内訳を産業小分類別にみると,事業所数の構成比では,「喫茶店」が19.9%と最も多く,次いで「一般食堂」が17.8%,「中華料理店」が14.5%となっており,この3分類で「一般飲食店」全体の50%を超えている。
 また,収入額の構成比では,「一般食堂」が17.3%と最も多く,次いで「日本料理店」が15.6 %,「中華料理店」が14.0%となっている。

図7-1-1 産業小分類別事業所数の構成比 図7-1-2 産業小分類別収入額の構成比


表7-1 「一般飲食店」の産業小分類別事業所数及び収入額の構成比


 1事業所当たりの収入額をみると,「ハンバーガー店」が1億41万円と最も多く,次いで「西洋料理店」が5743万円,フライドチキン店などの「他に分類されない一般飲食店」が5436万円,「日本料理店」が5431万円,「焼肉店(東洋料理のもの)」が4850万円,「すし店」が4159万円,韓国料理店などの「その他の食堂,レストラン」が4080万円となっており,「一般飲食店」全体の1事業所当たりの収入額(3486万円)より多い。
 特に「ハンバーガー店」は事業所数が「一般飲食店」全体の1.2%であるのに対し,収入額は「一般飲食店」全体の3.5%となっている。なお,「ハンバーガー店」の経営組織をみると,「会社」の占める割合が95.8%と極めて高い。

図7-2 「一般飲食店」の産業小分類別1事業所当たりの収入額,会社の構成比


表7-2 「一般飲食店」の産業小分類別1事業所当たりの収入額,会社の構成比 

バック ホーム

ページの先頭へ戻る