日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > サービス産業動向調査 >平成24年12月までのサービス産業動向調査

ここから本文です。

平成24年12月までのサービス産業動向調査

平成20年7月から、「サービス産業動向調査」を実施しています。

 サービス産業動向調査は、平成20年7月から毎月、全国のサービス産業(第3次産業)の事業・活動を行っている事務所・店舗・施設等の事業所を対象として調査を実施しています。この調査は、サービス産業全体の生産と雇用の動向を把握し、GDPの四半期別速報(QE)を始めとする各種経済指標の精度向上に資することを目的としています。

平成25年1月以降のサービス産業動向調査の見直しについて

 サービス産業動向調査は、平成25年1月より、調査の見直しを行います。 月次調査の精度向上のため、企業単位の調査を一部導入し、都道府県別の年間売上高を把握するため、月次の統計調査の一部を拡大し、拡大調査を実施します。

調査の概要

調査の結果

バックホーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る