日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > 小売物価統計調査(構造編) > 統計トピックス > 統計トピックスNo.87 ところ変われば物価も変わる −物価構造の特徴により都道府県を分類−

ここから本文です。

平成27年3月16日
総務省

統計トピックスNo.87

ところ変われば物価も変わる −物価構造の特徴により都道府県を分類− (平成25年小売物価統計調査(構造編)の結果から)

 小売物価統計調査(構造編)は,地域別,店舗形態別等の物価構造を明らかにすることを目的として,平成25年1月から毎月調査を実施しています。本調査により,都道府県別・10大費目別の物価の地域差が毎年把握できるようになりました。
 今回は,平成25年の都道府県別・10大費目別の消費者物価地域差指数を用い,各都道府県の物価構造の特徴を統計的分析手法により分類する事例をご紹介いたします。


本文

都道府県別・10大費目別消費者物価地域差指数の構造により各都道府県を8つのタイプ(型)に分類

タイプ(型)を特徴付ける主な10大費目は,「住居」,「光熱・水道」及び「教育」

まとめ


(見出しをクリックすると本文を見ることができます。)

PDF版はこちら(PDF:296KB)


○ 小売物価統計調査(構造編)について

  • 「小売物価統計調査(構造編)」は,地域別,店舗の形態別等の物価を明らかにすることを目的とし,平成25年1月から,毎月調査を実施しています。
  • 構造編調査は,その目的に応じて,次の3つの調査の種別があります。
    1. 地域別価格差調査
      都道府県など地域別の価格差を捉える。
    2. 店舗形態別価格調査
      スーパーや一般小売店など店舗形態別の価格を捉える。
    3. 銘柄別価格調査
      小売物価統計調査(動向編)で調査していない銘柄の価格を捉える。
  • 結果の概要等の詳しい結果を御覧になりたい場合は,次のURLを参照ください。
      http://www.stat.go.jp/data/kouri/kouzou/index.htm

【問合せ先】

統計調査部 消費統計課物価統計室 企画指導第二係・審査発表係
TEL : 03(5273)1179
FAX : 03(5273)3129
Eメール:メールソフトが起動しますw-bukka@soumu.go.jp

バックホーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には,Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は,バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る