日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > 小売物価統計調査 > 小売物価統計調査(動向編)及び小売物価統計調査(構造編) > 小売物価統計調査のはなし > 2 調査結果について > 5 プライベートブランド(PB)商品は調査されていますか?

ここから本文です。

5 プライベートブランド(PB)商品は調査されていますか?

プライベートブランド(PB)商品については、基本銘柄の規定(同品質のものを比較できるよう、代表性、市場性、継続性などを考慮して「最も売れており、出回りが安定している」機能や商標等を「基本銘柄」として設定)に合致していれば、調査の対象となります。

したがって、調査店舗で、基本銘柄の規定に合致しているPB商品が最も売れていれば調査されることとなります。例えば、牛乳、食パン、食用油、果実飲料などの食料品では、多くの品目でPB商品が基本銘柄に該当しており、調査対象に含まれています。

一方、特定の商品(商標)の市場占有率が高く、同一品質や同一規格の商品がほかにないような一部の品目については、特定の商品(商標)を基本銘柄としています。このような品目については、現段階では、PB商品が調査の対象となりませんが、基本銘柄については、随時見直しを行っているため、市場の状況等に変化が生じれば、このような品目においても、PB商品が調査の対象に含まれることとなります。

<参考> PB商品とは、大手スーパーストアなどが自ら企画・開発し、ストア自身のブランドをつけて販売する商品

調査のイラスト

バックホーム


ページの先頭へ戻る