日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > 小売物価統計調査 > 小売物価統計調査(動向編)及び小売物価統計調査(構造編) > 小売物価統計調査のはなし > 1 調査方法等について > 7 この調査はどのくらいの数の店舗、世帯や宿泊施設を調査するのですか?

ここから本文です。

7 この調査はどのくらいの数の店舗、世帯や宿泊施設を調査するのですか?

小売物価統計調査は、「価格調査」、「家賃調査」及び「宿泊料調査」に大別され、それぞれ、次の店舗、世帯及び宿泊施設を調査しています。

  • 「価格調査」は、全国約260の調査市町村から選定した約30,000の店舗から、約500品目の商品の価格又はサービス料金を調査しています。(調査に当たっては、原則として、消費者が実際に購入している価格を調査します。)
  • 「家賃調査」は、全国約170の調査市町村から選定した約26,000の民営借家世帯から、家賃の月額を調査しています。
  • 「宿泊料調査」は、全国約100の調査市町村から選定した約320の旅館・ホテルから、大人1人分の平日料金と休前日料金を調査しています。

調査の大別

バック ホーム


ページの先頭へ戻る