日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > 小売物価統計調査 > 小売物価統計調査(動向編)及び小売物価統計調査(構造編) > 小売物価統計調査のはなし > 1 調査方法等について> 4 どうしても回答しなければいけないのですか?

ここから本文です。

4 どうしても回答しなければいけないのですか?

小売物価統計調査は、統計法(平成19年法律第53号)に規定する「基幹統計調査」です。「基幹統計調査」については、統計法第13条の規定により、報告を求められた者に対し報告義務が課されています。また、報告をしない場合の罰則の規定もあります。

統計調査は、皆様の御理解と御協力によって成り立つものです。正確な統計の作成のために、御回答をよろしくお願いします。

統計法(平成19年法律第53号)(抄)

(報告義務)

第十三条 行政機関の長は、第九条第一項の承認に基づいて基幹統計調査を行う場合には、基幹統計の作成の ために必要な事項について、個人又は法人その他の団体に対し報告を求めることができる。

2 前項の規定により報告を求められた者は、これを拒み、又は虚偽の報告をしてはならない。

3 (略)

(罰則)

第六十一条 次の各号のいずれかに該当する者は、五十万円以下の罰金に処する。

一 第十三条の規定に違反して、基幹統計調査の報告を拒み、又は虚偽の報告をした者

二・三 (略)

御回答をよろしくお願いします。調査は皆様の御理解と御協力によって成り立っています。

バックホーム


ページの先頭へ戻る