日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > 小売物価統計調査 > 小売物価統計調査(動向編)及び小売物価統計調査(構造編) > 小売物価統計調査のはなし

ここから本文です。

小売物価統計調査のはなし

『小売物価統計調査のはなし』について

小売物価統計調査のはなし 表紙

小売物価統計調査は、国民の消費生活に関する重要な指標である消費者物価指数その他物価に関する基礎資料を作成することを主な目的として、昭和25年6月から実施されており、60年以上が経過しました。

この間、経済情勢の変化、消費者の生活向上に伴う消費構造の変化、結果精度の向上等への対応を図るため、時代のニーズに応じ、原則として、消費者物価指数の基準改定に合わせた調査品目・銘柄の追加・廃止、価格調査地区の設定方法の変更や調査方法の改善など、様々な改正を行い現在に至っています。

特に、平成15年7月から、従来の紙の調査票による調査に代えてPDA(携帯情報端末)を通じて価格を入力するシステムを導入しました。さらに、平成24年10月には、調査システム全体を刷新し、利便性及び機密性に優れたタブレット型の端末に切り替え、正確かつ円滑な調査の実施に努めております。

また、平成25年1月からは、地域別、店舗の形態別等の物価を捉えることを目的とした小売物価統計調査(構造編)が開始され、従来の小売物価統計調査は小売物価統計調査(動向編)と位置づけ実施されています。

この冊子は、小売物価統計調査に様々な形で関わっておられる多くの方々や、その結果を実際に利用しておられる方々に対して、一層の御理解をいただく趣旨で編集しました。小売物価統計調査の調査価格に基づいて毎月作成されている消費者物価指数について解説した「消費者物価指数のしくみと見方」と併せて御覧ください。

なお、この冊子について分かりにくい点や説明の不十分な点などお気付きのことがありましたら、総務省統計局統計調査部消費統計課物価統計室(電話(03)5273-1166)に御連絡いただければ幸いです。

平成25年3月 総務省統計局

調査方法等について

  1. どのような調査なのですか?
  2. 調査はどのような方法で行われているのですか?
  3. 調査対象となる店舗等はどのように選ばれるのですか?
  4. どうしても回答しなければいけないのですか?
  5. 調査に答えた内容が、他に漏れることはありませんか?
  6. 調査はいつ行うのですか?
  7. この調査はどのくらいの数の店舗、世帯や宿泊施設を調査するのですか?
  8. 調査する商品・サービスは、どのように指定しているのですか?
  9. 調査品目は調査市町村の規模等によって異なるのですか?

調査結果について

  1. 調査結果はどのように利用されているのですか?
  2. 調査結果はいつ公表されるのですか?
  3. 調査結果はどのような方法で入手できるのですか?
  4. 全国平均価格は算出しないのですか?
  5. プライベートブランド(PB)商品は調査されていますか?
  6. 特売価格は調査されていますか?

調査結果から

  1. 調査結果から分かること
  2. 調査結果はどのように利用されるのですか?

付録

  1. 調査品目一覧(動向編)(PDF:619KB) 別ウィンドウで開きます。
  2. 調査品目一覧(構造編)(PDF:447KB) 別ウィンドウで開きます。
  3. 調査員調査品目の調査地区数及び調査価格数一覧(動向編)(PDF:484KB) 別ウィンドウで開きます。
  4. 調査員調査品目の調査地区数及び調査価格数一覧(構造編)(PDF:431KB) 別ウィンドウで開きます。

バックホーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る