日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ここから本文です。

平成24年8月7日
総務省

統計トピックスNo.61

我が国の人口重心 −平成22年国勢調査結果から−

  人口重心とは,人口の1人1人が同じ重さを持つと仮定して,その地域内の人口が,全体として平衡を保つことのできる点をいいます。

  国勢調査では,全数調査の利点をいかし,市区町村よりも小さい単位である町丁・字等や基本単位区(全国で約200万)別の集計を行っており,細かな地域分析を行うことにより,公共施設の適切な配置などの行政施策や,民間事業者による合理的な出店計画などに活用されています。

  今回,平成22年国勢調査に基づく基本単位区別の人口を用いて,我が国及び都道府県の人口重心について取りまとめましたので,御紹介します。

要約

  1 我が国の人口重心は,南東へ約2.4km移動

  • 我が国の人口重心は,東経137度01分45.46秒,北緯35度35分35.31秒。岐阜県関市立武儀東(むぎひがし)小学校(東経137度00分40.60秒,北緯35度35分08.15秒)から東北東へ約1.8kmの位置
  • 平成17年の人口重心に比べ,南東へ約2.4km移動

  2 首都圏及び近畿圏の各県の人口重心は,おおむね東京都,大阪府の方向へ移動

  • 都道府県の人口重心についてみると,一部の府県を除いて,首都圏の各県は東京都の方向へ,近畿圏の各府県は大阪府の方向へ移動

  注)ここでいう「首都圏」とは,茨城県,栃木県,群馬県,埼玉県,千葉県,東京都,神奈川県及び山梨県を指し,「近畿圏」とは,滋賀県,京都府,大阪府,兵庫県,奈良県及び和歌山県を指します。

本文

   1 我が国の人口重心は,南東へ約2.4km移動(PDF:253KB)

   2 首都圏及び近畿圏の各県の人口重心は,おおむね東京都,大阪府の方向へ移動(PDF:347KB)

  人口重心の算出方法について(PDF:170KB)


一括ダウンロード(PDF:441KB)

各都道府県及び市区町村の人口重心(エクセル:499KB)


【問い合わせ先】

統計局 統計調査部 国勢統計課 審査発表係
TEL : 03(5273)1156
FAX : 03(5273)1552

バックホーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る