日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > 平成27年国勢調査 > 国勢調査の基本に関するQ&Aトップメニュー > 国勢調査の基本に関するQ&A(回答) 9.国勢調査結果の公表について

ここから本文です。

国勢調査の基本に関するQ&A(回答)

9.国勢調査結果の公表について

問9-1 平成27年国勢調査の結果は、いつごろ公表されるのですか。

 平成27年国勢調査の結果は、最も早いものは調査期日(平成27年10月1日)から約4か月後の平成28年2月に公表する予定です。 これは、総人口と世帯数に関する人口速報集計です。
 これに続いて、調査期日から約8か月後の平成28年6月に抽出速報集計(調査票の約100分の1を抽出して統計表を作成)を公表する予定です。 この集計により、すべての調査項目について、我が国の人口と世帯に関する全体像が明らかになります。
 調査票の全数による集計結果は、調査から約1年後の平成28年10月に公表され、その後、より詳細な結果を順次公表していく予定です。(詳細は「平成27年国勢調査の集計体系及び結果の公表・提供等一覧」(PDF:249KB)参照)

※最新の公表予定は、統計結果の公表情報e-Statをご覧ください。


問9-2 国勢調査の結果は、どこで利用することができますか。

 国勢調査の結果は、集計が完了次第、政府統計の総合窓口(e-Stat)及び統計局ホームページで順次公表することとしていますので、 インターネットを通じてご利用していただくことができます。
 また、インターネット等による公表後、報告書などの印刷物も刊行します。報告書は、総務省統計図書館(東京都新宿区)のほか、各都道府県の統計主管課、国立国会図書館、 都道府県立図書館においてもご利用いただけます。
 インターネットによる公表においては、原則としてすべての統計表をダウンロードできるよう掲載することとしています。


バック ホーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る