日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > 平成22年国勢調査 > 平成22年国勢調査 ユーザーズガイド > 世帯の移動に関する用語


ユーザーズガイドのメニュー

データのかんたんな探しかた(初めての方)詳細なデータの探しかた(慣れている方)
かんたんガイド(初めての方向け)
国勢調査から分かったこと(初めての方向け)
統計表のみかた(初めての方向け)
調査結果の利用方法
調査結果の集計体系と公表時期
統計表検索機能の利用方法
時系列データの利用方法
データベースの利用方法
調査結果で用いる用語の解説
平成22年国勢調査結果の分類一覧
Q&A 〜よくある質問〜
平成22年国勢調査の概要など
関連データ(人口,世帯,住宅等)
問い合わせ先

ここから本文です。

世帯の移動に関する用語

居住期間【大規模調査(10年ごと)のみ】

 「居住期間」とは,その世帯の世帯員が現在の場所に住んでいる期間をいい,「出生時から」,「1年未満」,「1年以上5年未満」,「5年以上10年未満」,「10年以上20年未満」,「20年以上」の6区分に区分しています。

5年前の常住地【大規模調査(10年ごと)のみ】22年変更

 「5年前の常住地」とは,その世帯の世帯員が5年前に居住していた市区町村をいいます。平成22年調査では,平成17年10月1日(前回調査時)にふだん居住していた市区町村について調査し,以下のとおり区分しています。

 また,5年前には当該市区町村に居住していたが,調査時には他の市区町村に居住していた人は,他県又は他市区町村への転出として当該地域の結果表に表章しています。

【平成22年変更内容】

 平成17年以前の調査では5歳以上の人のみ集計していましたが,平成22年調査から,5歳未満の人についても,出生後にふだん住んでいた場所を調査し,区分しています。

区分 内容
現住所 調査時における常住地と同じ場所
国内 日本国内
 自市区町村内 調査時における常住地と同じ市町村(20大都市の場合は同じ区)
 自市内他区 20大都市(東京都特別区並びに政令指定都市である札幌市,仙台市,さいたま市,千葉市,横浜市,川崎市,相模原市,新潟市,静岡市,浜松市,名古屋市,京都市,大阪市,堺市,神戸市,岡山市,広島市,北九州市及び福岡市)について,同じ市又は東京都特別区の他の区
 県内他市区町村 同じ都道府県内の他の市区町村
他県 他の都道府県
転入(国外から) 日本以外

世帯の移動類型【大規模調査(10年ごと)のみ】22年変更

 一般世帯について,5年前の常住地からの移動状況により,以下のとおり区分しています。

【平成22年変更内容】

 平成17年以前の調査では5歳以上の人のみ集計していましたが,平成22年調査では,5歳未満の人についても,出生後にふだん住んでいた場所からの移動状況として集計しています。

区分 内容
1 全世帯員が移動の世帯 全世帯員の5年前の常住地が現住所でない世帯
 (1) 全世帯員の5年前の常住市区町村が同一の世帯 全世帯員の5年前の常住地が現住所以外の同一市区町村である世帯
 (2) 一部世帯員の5年前の常住市区町村が異なる世帯 全世帯員の5年前の常住地が現住所でない世帯のうち,5年前の常住市区町村が世帯主の5年前の常住市区町村と異なる世帯員がいる世帯
2 一部世帯員が移動の世帯 一部の世帯員の5年前の常住地が現住所でない世帯
3 世帯員の移動者がない世帯 全世帯員の5年前の常住地が現住所の世帯

バック ホーム

ページの先頭へ戻る