日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > 平成22年国勢調査 > 平成22年国勢調査 ユーザーズガイド > データベースの利用方法


ユーザーズガイドのメニュー

データのかんたんな探しかた(初めての方)詳細なデータの探しかた(慣れている方)
かんたんガイド(初めての方向け)
国勢調査からわかったこと(初めての方向け)
統計表のみかた(初めての方向け)
調査結果の利用方法
調査結果の集計体系と公表時期
統計表検索機能の利用方法
時系列データの利用方法
データベースの利用方法
調査結果で用いる用語の解説
平成22年国勢調査結果の分類一覧
Q&A 〜よくある質問〜
平成22年国勢調査の概要など
関連データ(人口,世帯,住宅等)
問い合わせ先

ここから本文です。

データベースの利用方法

データベースとは

 たくさんの統計データ中から,利用したい統計データを簡単に利用するための仕組みです。

 主な特徴は以下のとおりです。

  • 地域間比較が容易
      → 都道府県ごとに分かれている統計表を,一つの統計表に編集することができる。
  • 統計表の自由な作成
      → 必要な項目だけを使いたい表形式(表頭,表側,欄外の配置)で編集することができる。

データベースのある場所

 データベースは,政府統計の総合窓口(e-Stat)から利用することができます。

使い方は

 以下のマニュアルを参照してください。

注意点

  1. 昭和55年以降の結果について提供しています。
  2. 昭和55年の調査結果は,一部の集計区分(現在の人口等基本集計及び産業等基本集計に該当)のみ提供しています。
  3. 平成22年の調査結果についても,公表後にデータベース形式での提供を行う予定です。データベース形式での提供を行うまでは,CSV形式のデータを利用してください。

バック ホーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には,Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は,バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る