日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > 平成22年国勢調査 > 平成22年国勢調査の分類区分による遡及集計結果

ここから本文です。

平成22年国勢調査の分類区分による遡及集計結果

センサスくん 国勢調査ロゴマーク

e-Statの項目は、政府統計の総合窓口「e-Stat」掲載の統計表です。


平成22年国勢調査の分類区分による遡及集計結果とは,平成22年国勢調査における分類区分(産業,職業,世帯の家族類型)にあわせて平成17年,もしくはそれ以前の国勢調査結果まで遡って集計したものです。また,平成22年国勢調査結果で充実させることとした外国人,子供の数等に関する結果も遡って集計しました。この結果を利用することで,平成22年国勢調査結果と過去の結果を比較することができます。

平成17年国勢調査 新産業分類特別集計<平成22年1月14日公表>

平成22年国勢調査で用いる産業分類は,平成19年11月に改定された日本標準産業分類を基準としています。前回比較に資するため,平成17年調査の結果を平成22年の分類に組替えた結果を集計しました。

平成17年国勢調査 新職業分類特別集計<平成23年4月22日公表>

平成22年国勢調査で用いる職業分類は,平成21年12月に設定された日本標準職業分類を基準としています。前回比較に資するため,平成17年調査の結果を平成22年の分類に組替えた結果を集計しました。

新分類区分による遡及集計(家族類型,外国人,子供の数等)(平成7年〜平成17年)<平成23年4月22日公表>

平成22年国勢調査で用いる世帯の家族類型は,「親族世帯」及び「非親族世帯」を,「親族のみの世帯」及び「非親族を含む世帯」に変更しました。また,平成22年国勢調査では,外国人に関する集計,子供の数等に関する集計を充実します。過去(平成7年,12年,17年)との比較に資するため,平成22年の分類に組替えた結果を集計しました。

バック ホーム

ページの先頭へ戻る