日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ここから本文です。

4 就業時間

センサスくん 国勢調査ロゴマーク

平均週間就業時間は,男性は「運輸業」,女性は「情報通信業」が最も長い

  • 就業者の平均週間就業時間は41.2時間で,平成12年に比べ1.2時間減少となっている。男女別にみると,男性は45.7時間,女性は34.9時間となっている。従業上の地位別にみると,雇用者のうち常雇と臨時雇は,それぞれ43.6時間,28.3時間,役員は44.5時間,雇人のある業主は48.1時間,雇人のない業主は39.7時間,家族従業者は38.1時間,家庭内職者は23.3時間となっている。(表6)
  • 平均週間就業時間を男女,産業大分類別にみると,男性は「運輸業」が49.3時間と最も長く,女性は「情報通信業」が39.4時間と最も長くなっている。(図6)
  • 平均週間就業時間を男女,配偶関係別にみると,男性は「有配偶」が「未婚」より2.1時間長いのに対し,女性は「未婚」が「有配偶」より6.6時間長くなっている。(表7)

表6 従業上の地位,男女別平均週間就業時間-全国(平成12年,17年)


図6 産業(大分類),男女別平均週間就業時間-全国(平成17年)

表7 従業上の地位,配偶関係,男女別平均週間就業時間-全国(平成17年)

← 3 産業

5 外国人の労働力状態 →

バック ホーム

ページの先頭へ戻る