日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ここから本文です。

平成13年7月
総務省統計局

国勢調査トピックス No.3

センサスくん 国勢調査ロゴマーク

若年女性の未婚率は東京都とその近県及び西日本が高い

 今回結果では、若年男女の未婚率が大幅に上昇したが、全国平均で54.0%と半数を超えた25〜29歳の女性の未婚率を都道府県別にみると、東京都が63.6%で唯一60%台となっている。次いで、大分県(59.5%)、京都府(57.8%)、福岡県(56.3%)と続き、47都道府県中13都府県で全国平均を上回っており、東京都とその近県及び西日本で高くなっている。
 これを10年前と比べると、香川県(21.4ポイント)、石川県(21.1ポイント)、大分県(19.5ポイント)、鳥取県(19.4ポイント)などが大きく上昇した一方、島根県(6.0ポイント)、福島県(8.3ポイント)、山梨県(8.9ポイント)、宮崎県(9.1ポイント)などの上昇幅は小さくなっている。
 なお、25〜29歳の男性の未婚率は全国平均で69.5%となっており、東京都が78.9%と最も高い。

バック ホーム

ページの先頭へ戻る