日本の統計の中核機関

日本の統計制度

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ここから本文です。

1 外国人人口の推移

センサスくん 国勢調査ロゴマーク

外国人人口は131万1千人で総人口の1.03%,平成7年〜12年の5年間で14.9%の増加

○ 平成12年に我が国に常住する外国人は131万1千人で,総人口に占める割合は1.03%となっており,平成7年〜12年の5年間に17万人(14.9%)増加している。

 昭和25年以降の外国人人口の割合の推移をみると,昭和25年から60年までは0.6%前後で推移し,大きな変動はなかった。しかし,その後割合は急速に上昇し,平成2年に0.72%,7年に0.91%となり,12年には戦後初めて1%を超えた。

表1 総人口及び外国人人口の推移-全国(昭和25年〜平成12年) 図1 外国人人口及び外国人人口の割合の推移-全国(昭和25年〜平成12年)

2 国籍別人口 →

バック ホーム

ページの先頭へ戻る