日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > 家計調査 > 家計調査 標本設計の概要(平成20年)

ここから本文です。

家計調査 標本設計の概要(平成20年)

まえがき

 この資料は,家計調査の標本設計に関し,その基本的な考え方と仕組みについて解説し,併せて平成20年1月に実施する標本改正について記述したものである。

 家計調査の標本は,第1次抽出単位として市町村,第2次抽出単位として単位区,そして第3次抽出単位として調査対象となる世帯をそれぞれ抽出する,層化3段抽出法により選定している。

 家計調査の母集団情報には,直近の国勢調査の結果を用いており,平成20年1月からは,平成17年国勢調査の結果を用いた母集団情報に基づいて調査が実施される。

 家計調査は元来,単身世帯を除く非農林漁家世帯を母集団として設計された標本調査であったが,平成12年からは,それまで調査対象外としていた農林漁家世帯を調査対象に含め,平成14年からは単身世帯収支調査を統合した。このため母集団は,二人以上の世帯及び単身世帯の一般世帯である。

 今回の標本改正においては,「市町村の合併の特例に関する法律」の平成7年改正以降に市町村合併が進み,市町村数が大幅に変化したため,層化における都市階級区分の見直しを行った。

 本資料が,家計調査の理解と結果利用上の参考となれば幸いである。

平成19年10月

総務省統計局

一括ダウンロードする(0.9MB)(PDF:891KB)

目    次

I 平成20年標本改正の概要(PDF:233KB)

1  基本的な方針………………………………………………………………………1
2  平成20年標本改正における変更点 ………………………………………………1
3 調整係数の変更……………………………………………………………………2
4 合併により地域が拡大した市に関する措置………………………………………3
5 調査市町村の変更…………………………………………………………………3
6 調査単位区の変更…………………………………………………………………3

II 調査世帯の抽出方法(PDF:267KB)

1 概要…………………………………………………………………………………6
2 母集団………………………………………………………………………………6
3 市町村の層化………………………………………………………………………11
4 調査市町村の抽出…………………………………………………………………13
5 調査世帯数の配分…………………………………………………………………14
6 調査単位区の抽出(一般単位区)…………………………………………………18
7 調査世帯の抽出……………………………………………………………………19

III 調査世帯の交替方法(PDF:241KB)
1 概要…………………………………………………………………………………21
2 調査期間の終了による調査世帯の交替 …………………………………………21
3 調査単位区の交替…………………………………………………………………21
4 調査市町村の交替…………………………………………………………………24

IV 平均値及び標本誤差の推定
二人以上の世帯(PDF:248KB)…………………………………………………………………25
2 単身世帯(PDF:345KB)…………………………………………………………………………31

別表1 地方,都市階級,層別市町村一覧
1 中都市,小都市A(PDF:172KB)…………………………………………………………………42
2 小都市B・町村(PDF:233KB)……………………………………………………………………48

別表2 調査市町村別調査世帯数及び調整係数(二人以上の世帯)(PDF:116KB)……………54

別表3 単位区区分,地方,都市階級別調査世帯数及び調整係数(単身世帯)(PDF:70KB)…56   

平成24年の東北地方(二人以上の世帯)の層の変更について(PDF:196KB)

バック ホーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る