日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > 家計調査 > 家計簿からみたファミリーライフ > 第4章 年齢階級別に見た暮らしの特徴

ここから本文です。

■第3章 ■第5章

第4章 年齢階級別に見た暮らしの特徴

 家計支出の内容は世帯主の年齢によって異なることがあります。ここでは,世帯主の年齢階級別に暮らしの特徴を見てみましょう。


◇二人以上の世帯

1. 30歳未満で多い住居費

 世帯主の年齢が低い世帯ほど,借家に住む世帯の割合が高いため,家賃地代を含む,住居費の支出が多くなる傾向にあります。特に,30歳未満の世帯では家賃地代への支出が住居費の98.5%を占め,他の年代に比べ最も高くなっています。

 なお,設備修繕・維持については,世帯主の年齢が高い世帯ほど持家に住む世帯の割合が高いため,支出が多くなる傾向にあります。

図 4-1 世帯主の年齢階級別1世帯当たり年間の住居費(二人以上の世帯)(平成27年)

世帯主の年齢階級別1世帯当たり年間の住居費のグラフ


2. 30歳代で多い幼児関連費

 子供の誕生とともに,幼稚園や保育所の費用のほか,子供服など,幼児関連費が多くなる傾向にあります。幼児のいる世帯の割合が高い世帯主が30歳代の世帯で,「幼児関連費」が最も多くなっています。内訳をみると,幼児教育費用・保育費用への支出が最も高い割合を占めています。

図 4-2 世帯主の年齢階級別1世帯当たり年間の幼児関連費(二人以上の世帯)(平成27年)

世帯主の年齢階級別1世帯当たり年間の幼児関連費のグラフ

被服・履物 : 子供用和服,子供用洋服,子供用シャツ・セーター類,
子供用下着類,子供用靴下,子供靴


3. 40歳代及び50歳代で多い教育関係費

 子供の成長とともに,授業料,学習参考書代,仕送り金,塾の費用など,教育関係費が多くなる傾向にあり,特に,世帯主が40歳代及び50歳代の世帯で多くなっています。

 40歳代と50歳代の世帯を比べると,50歳代の世帯では,子供が親元を離れ大学に進学する世帯の割合が高いため,国内遊学仕送り金への支出は,40歳代の世帯と比べると2.9倍になっています。

 一方,40歳代の世帯では,子供が中学校や高校に在学している世帯の割合が高いため,学習塾や家庭教師への月謝などが含まれる補習教育のほか,学校給食や文房具などを含む「その他の教育関係費」の支出が他の年代に比べ多くなっています。

図 4-3 世帯主の年齢階級別1世帯当たり年間の教育関係費(二人以上の世帯)(平成27年)

世帯主の年齢階級別1世帯当たり年間の教育関係費のグラフ

その他の教育関係費 : 学校給食,男子用学校制服,女子用学校制服,鉄道通学定期代,
バス通学定期代,書斎・学習用机・椅子,文房具,通学用かばん



4. 60歳代で多い旅行関係費

 旅行関係費について見ると,世帯主が60歳代の世帯で最も支出金額が多く,旅行関係費への支出が最も少ない30歳代の世帯と比べると,1.8倍になっています。

 また,消費支出に占める旅行関係費の割合も,60歳代の世帯が最も高くなっています。

図 4-4 世帯主の年齢階級別1世帯当たり年間の旅行関係費(二人以上の世帯)(平成27年)

世帯主の年齢階級別1世帯当たり年間の旅行関係費のグラフ

旅行関係費 : 宿泊料,パック旅行費


5. 70歳以上で多いサプリメントなどへの支出

 サプリメントなどを含む「健康保持用摂取品」の支出金額を見てみると,最も多い70歳以上の世帯の支出は,最も少ない30歳未満の世帯と比べると,10倍以上になっています。

 また,消費支出に占める健康保持用摂取品の割合も70歳以上の世帯が最も高くなっています。

図 4-5 世帯主の年齢階級別1世帯当たり年間の健康保持用摂取品の支出金額
(二人以上の世帯)(平成27年)

世帯主の年齢階級別1世帯当たり年間の健康保持用摂取品の支出金額のグラフ

健康保持用摂取品 : 青汁,ローヤルゼリーなど

◇単身世帯

年齢が低いほど携帯電話通信料への支出が多い

 単身世帯について,男女年齢階級別に電話通信料への支出をみると,携帯電話通信料は男女とも年齢階級が低いほど多く,35歳未満及び35〜59歳では女性のほうが男性を上回っています。

* 家計調査では,移動電話通信料として表章しています。

図 4-6 男女,年齢階級別1か月間の電話通信料への支出金額(単身世帯)(平成27年)

男女,年齢階級別1か月間の電話通信料への支出金額のグラフ

ペット関連費の支出が多い35〜59歳の女性

 単身世帯について,男女年齢階級別にペット関連費について見ると,35〜59歳の女性が最も多くなっています。

 また,女性は男性と比べると,すべての年齢階級で支出が多くなっています。

図 4-7 男女,年齢階級別年間のペット関連費(単身世帯)(平成27年)

男女,年齢階級別年間のペット関連費のグラフ

ペット関連費 : 愛玩動物(ペット),ペットフード,動物病院代など

■第3章 ■第5章

バック ホーム

ページの先頭へ戻る