日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > 家計調査 > 家計簿からみたファミリーライフ > 第1章 家計調査のしくみ

ここから本文です。

■目次 ■第2章

第1章 家計調査のしくみ

 家計調査は,全国168市町村,約9,000世帯を対象に,国が都道府県を通じて行っている基幹統計調査です。

調査方法

 都道府県知事が任命した統計調査員が,調査世帯を訪問し,「家計簿」を配布します。

 調査世帯は,統計的な方法で全国から無作為に抽出され,毎日の収入・支出について,「家計簿」に記入します。

 このほか,世帯と世帯員及び住居に関する事項については,調査員が聞き取りにより,その内容を「世帯票」に記入します。また,過去1年間の年間収入については「年間収入調査票」に,貯蓄及び借入金などに関する事項については「貯蓄等調査票」に各世帯が記入します。

結果の集計及び公表

 記入済みの家計簿などの調査票は,都道府県から総務省統計局に送られ,データの入力・分類及び審査を経た後,コンピュータにより集計されます。

 調査の結果については,毎月,インターネットなどを通じて公表し,テレビやラジオ,新聞などによって広く報道されます。

調査のしくみのイラスト。調査員が調査世帯に家計簿の記入を依頼し、記入された家計簿を都道府県で整理・点検した後、総務省統計局に送る。

  知事が任命した調査員が調査世帯に家計簿の記入のお願いに伺います。

 家計簿は,毎日記入をお願いします。

  調査員が半月ごとに家計簿を受け取りに伺い,都道府県へ送ります。

  都道府県が調査票の整理・点検等を行います。

  集められた家計簿は,都道府県から総務省統計局に送られます。

調査のしくみのイラスト(続き)。総務省統計局に送られた家計簿はコンピュータに入力され、集計の結果は統計表となる。調査結果は報道されるほか、報告書として広く配布される。

  総務省統計局に送られた家計簿は,厳重な管理のもと,内容検査が行われ,品目別の符号が付けられ,コンピュータに入力されます。

  コンピュータによって迅速に集計され,様々な統計表ができあがります。

  調査結果は,インターネット・テレビ・ラジオ・新聞などを通じて報道されるほか,報告書として印刷され,官庁,都道府県庁,図書館などに広く配布されます。

■目次 ■第2章

バック ホーム

ページの先頭へ戻る