日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > 家計調査 > 家計調査 四半期平均結果の公表資料の様式変更について(平成26年(2014年)1〜3月期平均結果より)

ここから本文です。

家計調査 四半期平均結果の公表資料の様式変更について(平成26年(2014年)1〜3月期平均結果より)

平成26年5月16日

総務省統計局



    

  総務省統計局では、家計調査の四半期平均結果の公表日に、「家計調査報告(家計収支編)」を掲載しております。

  この度、最近の家計消費の動向や本資料の利用状況を踏まえ、月次結果の公表資料と同様(※)に、平成26年5月16日(金)公表分(平成26年(2014年)1〜3月期平均結果)から、下記のとおり「家計調査報告(家計収支編)」の様式を変更することとします。


  【主な変更点】

  •   最近の人口の高齢化から「無職世帯」の割合が増加していることから、統計表に「無職世帯」の収支を掲載
  •   「消費支出(除く住居等)」の利用度合いが高まってきたことを踏まえ、統計表等にも「消費支出(除く住居等)」の金額を掲載

        ○  変更後の冊子イメージはこちら(PDF:370KB)  ※  数値は架空のものです。

    

        ○  参考 : 現行の公表資料はこちら(PDF:167KB)


    

  ※ 月次結果の公表資料の様式変更についてはこちら




     <本件に関する問合せ先>
             総務省統計局統計調査部消費統計課審査発表係
                電 話:03-5273-1174(直通)    FAX:03−5273−1495

バック ホーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る