日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > 人口推計 > 人口推計の概要,推計結果等 > 統計トピックス(人口推計) > 統計トピックスNo.85 「未(ひつじ)年生まれ」と「新成人」の人口-平成27年 新年にちなんで- (「人口推計」から) > 2 新成人人口は126万人

ここから本文です。

2 新成人人口は126万人

新成人人口は126万人で前年比5万人増
男性は65万人,女性は61万人

 この1年間(平成26年1月〜12月)に,新たに成人に達した人口(平成27年1月1日現在20歳の人口)は126万人で,前年と比べると5万人の増加となっています。
 男女別にみると,男性は65万人,女性は61万人で,男性が女性より4万人多く,女性100人に対する男性の数(人口性比)は105.5となっています。(表3,図3)

新成人人口は21年ぶりに増加

 新成人人口について,この推計を開始した昭和43年からの推移をみると,第1次ベビーブーム(昭和22年〜昭和24年)世代の昭和24年生まれの人が成人に達した45年が246万人で最も多くなった後,減少に転じ,53年には152万人となりました。その後,昭和50年代後半から再び増加傾向を続け,第2次ベビーブーム(昭和46年〜49年)世代の人が成人に達した時に200万人台(最多は平成6年207万人)となった後,平成7年に再び減少に転じて以降は減少傾向を続けていました。
 平成27年の新成人人口は126万人,総人口に占める割合は0.99%となり,前年と比べると,5万人,0.04ポイント増となり,21年ぶりに増加となりました。これは,平成27年の新成人人口の出生年である6年の出生数が,5年に比べ増加したためであり,第2次ベビーブーム世代の人が親になる年齢に達し始めたことの影響などによるものと考えられます。
 平成27年の新成人人口は増加したものの,国立社会保障・人口問題研究所の推計によると,今後の新成人人口は,微増微減しながら減少傾向で推移し,37年には110万人を下回ると見込まれています。(表3,図3)

表3 新成人人口の推移

図3 新成人人口及び総人口に占める割合の推移

* 昭和43年〜平成27年までは「人口推計」(各年1月1日現在)

* 平成28年以降は「日本の将来推計人口(平成24年1月推計)」出生(中位)死亡(中位)推計(国立社会保障・人口問題研究所)から作成(各年10月1日現在)

* 数値は万人単位に四捨五入してあるので,内訳の合計は必ずしも総数に一致しない。

* 割合は表章単位未満を含んだ数値から算出している。



button「1 未(ひつじ)年生まれの人口は1007万人」へ

バック ホーム

ページの先頭へ戻る