日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ここから本文です。

3 こどもの割合は沖縄県が最も高く、秋田県が最も低い

 都道府県別にこどもの割合(平成20年10月1日現在)をみると、沖縄県が17.9%と最も高く、次いで滋賀県が15.1%、愛知県が14.7%などとなっています。一方、秋田県が11.5%と最も低く、次いで東京都が11.8%、北海道が12.2%などとなっています。
 全国平均(13.5%)と比べると、26府県が上回っており、2県が同率で、下回っているのが19都道府県となっています。
 前年と比べると、こどもの割合が上昇しているのは東京都のみとなっており、千葉県、神奈川県、愛知県、京都府、大阪府、岡山県、香川県、福岡県及び熊本県が横ばい、その他の道県では低下しています。(図4、表3)

図4 都道府県別こどもの割合(平成20年10月1日現在)

表3 都道府県別こどもの数及び割合(10月1日現在)

参考表1 年齢3区分別人口及び割合の推移

参考表2 各国におけるこどもの割合


「1 こどもの数(15歳未満人口)は1714万人、28年連続の減少」へbutton

「2 こどもの割合は13.4%、35年連続の低下」へbutton

バック ホーム

ページの先頭へ戻る