日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > 人口推計 > 人口推計の概要,推計結果等 > 人口推計に関するQ&A > 人口推計に関するQ&A(回答)

ここから本文です。

人口推計に関するQ&A(回答)

1 人口推計の目的は?

 我が国の人口の実態は,5年ごとに実施される国勢調査によって明らかにされます。他方この「人口推計」は,国勢調査が行われない年における「毎月」,「毎年」の人口の状況を把握するために行っています。

 毎年10月1日現在の人口の推計は,第1回国勢調査が行われた大正9年(1920年)の翌年,大正10年から行っています。
 また,毎月1日現在の人口の推計は,昭和25年(1950年)国勢調査以降行っています。

ページの先頭へ戻る

2 人口推計ではどのような結果を公表していますか?

(1) 毎月1日現在人口

  • 「全国 年齢(5歳階級),男女別の人口」

(2) 毎年10月1日現在人口

  • 「全国 年齢(各歳),男女別人口」
  • 「都道府県 年齢(5歳階級),男女別人口」

(3) 国勢調査結果による補間補正人口

  • 「全国 各月1日現在,男女別人口」
  • 「都道府県 各年10月1日現在,男女別人口」

※ 人口推計は国勢調査による人口を基に推計したものですが,5年後の人口推計は,最新の国勢調査人口とは必ずしも一致しませんので,5年ごとに,国勢調査間の各月1日現在の人口推計について補間補正を行い,公表しています。

(4) また,統計トピックスとして次のような人口を推計して公表しています。

  • 生年の「えと」(十二支)別の人口
  • 新成人の人口
  • 我が国のこどもの数
  • 高齢者の数

※ 将来の人口推計は国立社会保障・人口問題研究所が行っています。

ページの先頭へ戻る

3 結果はいつごろ公表されるのですか?

 毎月1日現在の人口については,初めに概算値として当月の下旬に公表し,確定値はその5か月後に公表しています。(公表予定一覧)
 また,10月1日現在の詳細な結果は,翌年の4月に公表しています。

ページの先頭へ戻る

4 人口推計はどのように算出するのですか?

 人口推計は,国勢調査による人口を基準に,その後の人口動向を他の人口関連資料から得て,算出しています。

毎月1日現在の人口

当月の人口 = 前月の人口 + 前月の自然動態 + 前月の社会動態
  自然動態:自然増減=出生児数-死亡者数
  社会動態:社会増減=入国者数-出国者数+前月の国籍の異動による純増(日本人について)

毎年10月1日現在の人口

当年10月1日現在人口 = 前年10月1日現在人口+1年間の自然動態+1年間の社会動態
  自然動態:自然増減=出生児数-死亡者数
  社会動態:社会増減=入国超過数+国籍異動者数(日本人について)+都道府県間転入超過数(都道府県別人口について)
    ・入国超過数=入国者数-出国者数
    ・国籍異動者数=日本国籍取得者数-日本国籍喪失者数
    ・都道府県間転入超過数=都道府県間転入者数-都道府県間転出者数

ページの先頭へ戻る

5 どのような資料を使って算出するのですか?

人口を推計するための資料は,以下のとおりです。

・ 出生児数及び死亡者数 ……………………… 「人口動態統計」(厚生労働省)
・ 出入国者数 …………………………………… 「出入国管理統計」(法務省)
・ 日本国籍取得者数及び日本国籍喪失者数 … 法務省資料及び官報告示を基に総務省統計局が集計
・ 都道府県間転出入者数 ……………………… 「住民基本台帳人口移動報告 月報」(総務省統計局)
・ その他 ………………………………………… 「国勢調査」(総務省統計局)
「在留外国人統計」(法務省)
都道府県資料

ページの先頭へ戻る

6 人口推計はどのように利用されていますか?

 人口推計で算出される人口は,常に我が国の最新の数値であることから,労働力調査(総務省統計局)や人口動態統計(厚生労働省)などの統計分野を始め,各府省で作成される各種白書,国際機関の資料作成など様々な分野で利用されています。

バック ホーム

ページの先頭へ戻る