日本の統計の中核機関

日本の統計制度

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ここから本文です。

平成16年10月1日現在推計人口

e-Statの項目は、政府統計の総合窓口「e-Stat」掲載の統計表です。

人口ピラミッド

人口ピラミッド

 平成16年10月1日現在推計人口結果の要約

1 全国人口

総人口は増加数,増加率とも戦後最低

  • 総人口は1億2768万7千人,この1年間に6万7千人の増加,増加率は0.05%
  • 男性は6229万5千人,女性は6539万2千人で,男性が戦後初めて減少
  • 自然増減は10万2千人増で,戦後最低の水準,社会増減は3万5千人減

初めて100万人を超えた90歳以上人口

  • 年少人口(0〜14歳人口)は1773万4千人(総人口の13.9%)で前年に比べ0.1ポイント低下
  • 生産年齢人口(15〜64歳人口)は8507万7千人(同66.6%)で前年に比べ0.3ポイント低下
  • 老年人口(65歳以上人口)は2487万6千人(同19.5%)で前年に比べ0.5ポイント上昇,過去最高の割合
  • 90歳以上人口が101万6千人(同0.8%)と初めて100万人を超えた

表1 総人口の構成(平成16年10月1日現在)/図1 人口増加数及び人口増加率の推移/表2 年代別人口及び割合

2 都道府県の人口

人口600万以上の上位6都府県で全国人口の約4割

  • 人口600万以上は,東京都,大阪府,神奈川県,愛知県,埼玉県及び千葉県の6都府県で,この上位6都府県で,全国人口の約4割

人口減少県は前年より増加し35道府県

  • 人口増加率は沖縄県が最も高く,12都県で人口増加,うち9都県は自然増加かつ社会増加
  • 人口が減少したのは秋田県など35道府県,前年に比べ7府県増加。減少道府県のうち24道県で自然減少かつ社会減少

すべての都道府県で老年人口の割合上昇

  • 年少人口の割合は沖縄県が最高,東京都が最低
  • 生産年齢人口の割合は埼玉県が最高,島根県が最低
  • 老年人口の割合は島根県が最高,埼玉県が最低
    すべての都道府県で上昇
  • 年少人口が老年人口を上回っているのは沖縄県のみ

老年人口の対前年増加率は埼玉県の4.5%が最高

  • 老年人口の対前年増加率は老年人口の割合の低い県で高い

表3 都道府県別人口/表4 都道府県別人口増減率(上位及び下位5県)表5 都道府県,年齢3区分別人口の割合(上位及び下位5県)/図2 人口増減率の状況

バック ホーム

ページの先頭へ戻る