日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ここから本文です。

II-6 地域別

すべての都道府県で企業数が減少

 企業の本社が所在している都道府県別の状況をみると,東京都が25万2千企業(企業全体の16.5%)と最も多く,次いで大阪府が11万2千企業(同7.3%),愛知県が9万1千企業(同6.0%),神奈川県が8万9千企業(同5.9%)などとなっており,東京都と大阪府で全国の企業の約4分の1(23.8%)を占めている。

 平成11年と比べると,大阪府(13.0%減),埼玉県(11.5%減),神奈川県(11.0%減)など,すべての都道府県で減少している。(表II-6)

表II-6 都道府県別企業数(平成16年,11年)

表II-6  都道府県別企業数(平成16年,11年)

バック ホーム

ページの先頭へ戻る