日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ここから本文です。

事業所・企業統計調査 特別集計 新産業分類による組み替え集計(平成8年及び11年)の概要

1 集計の目的

 平成14年3月に日本標準産業分類が改訂され,平成14年10月以降に実施の統計調査から,訂正後の分類(以下「新産業分類」という。)が適用されることとなった。このため,平成5年改訂日本標準産業分類(以下「旧産業分類」という。)が適用される平成13年事業所・企業統計調査においては,次回調査結果との比較のために,個別データに新旧両産業コードを付与し,主要表については新旧両産業分類での集計を行った。
 本特別集計は,時系列比較のため,平成8年及び11年調査結果についても遡及し,新産業分類別に集計を行うものである。

2 集計内容

 平成8年及び11年調査について,平成13年調査で新産業分類別に集計したものと同内容の集計を行った。
(別添「集計事項一覧」(エクセル:30KB)参照)

3 集計方法

 集計は,旧産業小分類別の集計結果を新産業分類に組み替える方法による。
 組み替えは,産業小分類単位でそのまま対応するものは機械的に置きかえ,そのまま対応しない分類は,新旧両産業コードを有している13年調査の個別データから,新旧産業小分類別の数値を算出し,その新旧の比率(事業所数,従業者数,企業数ごとに算出)を用いて算出した。

バックホーム 

ページの先頭へ戻る