日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > 住民基本台帳人口移動報告 > 住民基本台帳人口移動報告 結果の概要 > 住民基本台帳人口移動報告 平成24年(2012年)結果の概要 > 住民基本台帳人口移動報告 平成24年(2012年)結果

ここから本文です。

住民基本台帳人口移動報告 平成24年(2012年)結果

平成25年1月28日公表

e-Statの項目は,政府統計の総合窓口「e-Stat」掲載の統計表です。

結果の要約

1 全国の移動状況

都道府県間移動者数は2年ぶりに減少

  • 平成24年における日本人の市区町村間の移動者数は501万8166人となり,9年連続の減少
  • 都道府県間移動者数は231万7856人となり,平成22年以来2年ぶりに減少
  • 都道府県内移動者数は270万310人となり,9年連続の減少

図1  移動者数の推移(昭和29年〜平成24年)


宮城県は平成11年以来13年ぶりに転入超過,千葉県は2年連続の転出超過

  • 平成24年における都道府県別の転入・転出超過数をみると,転入超過となっているのは11都府県。宮城県及び香川県が前年の転出超過から転じる。宮城県は平成11年以来13年ぶり,香川県は8年以来16年ぶりに転入超過
  • 大阪府及び岡山県は2年連続の転入超過。大阪府で転入超過が2年連続となるのは統計が開始された昭和29年から47年まで19年連続して以来
  • 東京都の転入超過数は,前年に比べて1万2015人の大幅な増加。東京都で転入超過数が増加となるのは平成19年以来5年ぶり
  • 千葉県は2年連続の転出超過。千葉県で転出超過が2年連続となるのは昭和29年から31年まで3年連続して以来。転出超過数は前年に比べて4253人増加

図2  都道府県別転入・転出超過数(平成23年,平成24年)


名古屋圏,大阪圏は共に2年連続の転入超過

  • 平成24年における3大都市圏(東京圏,名古屋圏及び大阪圏)の転入・転出超過数をみると,3大都市圏全体では6万9753人の転入超過。前年に比べて325人減少
  • 東京圏は6万7209人の転入超過。前年に比べて4400人増加。17年連続の転入超過
  • 名古屋圏は1567人の転入超過。前年に比べて1493人減少。2年連続の転入超過
  • 大阪圏は977人の転入超過。前年に比べて3232人減少。2年連続の転入超過

図3  3大都市圏の転入・転出超過率の推移(昭和29年〜平成24年)


全国の市町村のうち7割以上が転出超過

  • 平成24年における全国1718市町村注1)のうち,転入超過注2)は東京都特別区部(4万9655人),宮城県仙台市(9284人),福岡県福岡市(9221人)など434市町村。全市町村の25.3%
  • 転出超過は千葉県市川市(2750人),福島県郡山市(2709人),千葉県松戸市(2190人)など1284市町村。全市町村の74.7%

注1) 東京都特別区部は1市として扱う。また,平成24年12月31日現在,住民基本台帳ネットワークシステムに接続していない福島県矢祭町及び24年2月1日から接続を開始した東京都国立市の2市町については,転出者数及び転入超過数においては除く。
注2) 転入超過数0の市町村については転入超過に含める。


表1  転入・転出超過数上位20市町村(平成24年)


2 岩手県,宮城県及び福島県の移動状況

福島県は1万3843人の転出超過,震災発生前の平成22年の5752人の転出超過に比べて大幅な転出超過

  • 平成24年における岩手県,宮城県及び福島県の転出超過数の合計は1万159人となり,前年に比べて3万1067人減少
  • 岩手県は2385人の転出超過。前年に比べて1058人減少
  • 宮城県は6069人の転入超過。前年の6402人の転出超過から転じる
  • 福島県は1万3843人の転出超過。前年に比べて1万7538人の減少となっているものの,震災発生前の平成22年の5752人の転出超過に比べて,大幅な転出超過

表2  岩手県,宮城県及び福島県の転入者数,転出者数及び転入・転出超過数(平成22年〜平成24年)


図4  岩手県,宮城県及び福島県の転入・転出超過数の推移(昭和29年〜平成24年)

【岩手県】大船渡市は前年の660人の転出超過から転入超過に転じる

  • 市区町村間移動による転入・転出超過数をみると転入超過は盛岡市など6市町村。大船渡市のみ前年の660人の転出超過から転じる
  • 転出超過は一関市など27市町村。一関市,花巻市,住田町及び金ヶ崎町が前年の転入超過から転じる。前年,大幅な転出超過となった大槌町,陸前高田市,釜石市及び山田町は,いずれも転出超過数は大幅に減少。釜石市は震災発生前の平成22年に比べても減少となり,大槌町はほぼ22年並みの転出超過数

図5  岩手県の市町村別転入・転出超過数(平成22〜平成24年)


岩手県の市町村別転入・転出超過数(平成22〜平成24年)(続き)


【宮城県】仙台市宮城野区及び多賀城市は前年の1000人を上回る転出超過から転入超過に転じる

  • 市区町村間移動による転入・転出超過数をみると転入超過は仙台市青葉区など13市区町。前年の1000人を上回る転出超過となった仙台市宮城野区及び多賀城市を含む5市区町が前年の転出超過から転じる
  • 転出超過は石巻市など26市町村。このうち登米市など7市町村が前年の転入超過から転じる。前年の1000人を上回る大幅な転出超過となった石巻市など5市町は,いずれも引き続き転出超過となっているものの,前年に比べて大幅に減少

図6  宮城県の市区町村別転入・転出超過数(平成22〜平成24年)


宮城県の市区町村別転入・転出超過数(平成22〜平成24年)(続き)


【福島県】0〜14歳は3009人,0〜14歳の親世代の中心となる25〜44歳は4030人の転出超過

  • 年齢5歳階級別にみると,55〜69歳の3区分を除く全ての年齢区分で転出超過
  • 0〜14歳は3009人,0〜14歳の親世代の中心となる25〜44歳は4030人の転出超過。転出超過数は前年に比べて,それぞれ6031人,7112人の減少

図7  福島県の年齢5歳階級別転入・転出超過数(平成22年〜平成24年)

転出超過は54市町村,30市町村で転出超過数は減少しているものの,郡山市などでは平成22年に比べて大幅な転出超過

  • 市区町村間移動による転入・転出超過数をみると転入超過は西郷村など4村。いずれも前年の転出超過から転じる
  • 転出超過は郡山市など54市町村。大玉村,会津坂下町及び昭和村が前年の転入超過から転じる。30市町村で転出超過数は減少しているものの,郡山市などでは平成22年に比べて大幅な転出超過

図8  福島県の市町村別転入・転出超過数(平成22年〜平成24年)


福島県の市町村別転入・転出超過数(平成22年〜平成24年)(続き)


福島県の市町村別転入・転出超過数(平成22年〜平成24年)(続き)


結果の概要

結果の概要(PDF:1,414KB)

統計表

参考表

ファイル(PDF形式)一括ダウンロード


バック ホーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る