日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > 品質管理への取組

ここから本文です。

品質管理への取組

統計局では、従来から、調査の企画(Plan)、調査の実施(Do)、実施状況・結果の確認(Check)、次回調査に向けた改善(Act)というPDCAサイクルの手法を用いて、所管統計調査の品質管理を行っています。
また、近年においては、「正確性」、「ニーズ適合性」、「適時性」などの統計調査の品質について、その表示・評価・改善を通じて、統計調査の有用性及び信頼性の確保・向上を目指す「品質保証」(Quality Assurance)のための活動を計画的に行っており、その実施計画を公表しています。

品質保証に関する実施計画

品質保証活動(統計の品質の表示及び評価)については、「公的統計の整備に関する基本的な計画」(総務省)別ウィンドウで開きます。に基づいて策定された「公的統計の品質保証に関するガイドライン」(PDF:494KB)に沿って、計画的に進めています。
本HPの各統計調査の「調査の概要」や「調査の結果」に記載されている「調査の目的」や「用語の解説」等の事項も、このガイドラインに沿った内容となっています。

品質評価結果の公開

「公的統計の品質保証に関するガイドライン」に基づき、所管する統計調査及び加工統計を品質要素ごとに自己評価・判定を順次行い、客観性及び透明性を担保する観点から、結果を公開しています。

お問い合わせ先

品質管理への取組について、ご意見等ございましたら、下記までご連絡ください。

総務省統計局統計調査部調査企画課統計品質管理担当
E-mail:メールソフトが起動しますr-hinshitsukanri@soumu.go.jp

バック ホーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る