経済センサス総合ガイド

ここから本文です。

他国の経済センサス

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国

国及び地域の経済構造とその変化に関する総合的かつ詳細なデータを得ることを目的として実施されている統計調査です。

主な特徴

  • 1954年より実施
  • 5年周期(西暦末尾2,7の年の翌年1月)
  • 農林水産業、公務を除くほぼ全産業を対象
  • 業種ごとに異なる調査票(500種類以上)を用い、経理事項を含む詳細な調査
  • 行政記録等により収集した事業所を用いた郵送調査
  • 小規模事業所は主として行政記録で捕捉(一部の対象事業所は郵送調査)

中国

中国

経済発展の状況について、その全体像を把握し、事業所及び企業のデータベースを作成することを目的として実施されている統計調査です。

主な特徴

  • 2004年より実施
  • 5年周期(西暦末尾3,8の年の12月31日現在)
  • 農林水産業を除く全産業を対象
  • 基本属性、財務状況、生産経営状況、生産高、原材料消費量、エネルギー消費量、科学技術活動状況等を調査
  • 国務院に経済センサスを実施する室を設置し、政府として関係機関が政府機構連合を組織
  • 調査員による調査
 

バック ホーム

ページの先頭へ戻る