日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > 経済センサス > 平成28年経済センサス‐活動調査 > 平成28年経済センサス‐活動調査 キャンペーンサイト > 調査の回答方法

ここから本文です。

調査への回答のお願い

調査結果の利用

 調査の結果は、政策決定や経営計画を行う上での基礎資料として利活用されます。
 また、「我がまちの飲食店の数」や「○○屋さんの比率全国何位」など、今まではわからなかった、地域のための資料としても利用することができます。

報告の義務

 調査への回答は「統計法」という法律で義務づけられています。
 正確な回答をいただけないと経済の実態を正確に把握できないため、本当に必要な施策が実施できなくなるおそれがあります。このため、この調査には「統計法」という法律に基づき、回答する義務(報告義務)とこれに反したときの罰則が定められています。

秘密の保護

 すべての情報は保護されます。回答いただいた内容は統計作成のためだけに用いられます。
 調査員をはじめとする関係者には、「統計法」という法律により、調査で行ったことを他に漏らしてはいけない義務と、これに反したときの罰則が定められています。また、回答いただいた内容は、統計作成の目的以外(税の資料など)には絶対に使用しません。

かたり調査

 経済センサス‐活動調査をよそおった「かたり調査」にご注意ください!

  • 「かたり調査」とは、行政機関が行う統計調査であるかのような、紛らわしい表示や説明をして、事業所・企業の情報を聞き出そうとする行為のことです。
    「かたり調査」は、統計調査の実施を妨げるだけでなく、詐欺やその他の犯罪にもつながりかねないので、ご注意ください。
  • 不審に思った際には、回答しないで、速やかに市区町村にお知らせください。
  • 調査員は、その身分を証明する『経済センサス‐活動調査 調査員証』及び『従事者用腕章』を携帯しています。

バック ホーム

ページの先頭へ戻る