ページの先頭です。 メインメニューへ移動 本文へ移動 フッターへ移動

調査結果からわかること

地域別にみた事業所数と従業者数

都道府県別に事業所数の増減率をみると、平成21年と比べ、平成24 年にはすべての都道府県で減少しています。事業所数の増減率をみると、宮城県が11. 8%減と最も高く、次いで福島県(11.7%減)、岩手県(9.8%減)などとなっています。
また、従業者数の増減率をみると、福島県が10.3% 減と最も高く、次いで宮城県(7.4%減)、青森県及び大阪府(ともに6.7%減)などとなっています。

都道府県別事業所数の増減率
(平成21年基礎と平成24年活動の比較)

都道府県別事業所数の増減率(平成21年基礎と平成24年活動の比較)

都道府県別従業者数の増減率
(平成21年基礎と平成24年活動の比較)

都道府県別従業者数の増減率(平成21年基礎と平成24年活動の比較)

平成26年の調査とは?

平成26年 経済センサス‐基礎調査・商業統計調査 実施事務局
平成26年経済センサス‐基礎調査・商業統計調査実施事務局のホームページでは黄色の封筒に封入された調査関係書類を受け取られた企業等(本社等一括調査)向けのコンテンツを掲載していますので、ご活用ください。

PAGE TOP