日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > 消費者物価指数(CPI) > 消費者物価指数(CPI)の概要 > 平成17年基準 消費者物価指数 > 平成17年基準改定について > 消費者物価指数平成17年(2005年)基準改定計画

ここから本文です。

報道資料

平成17年11月25日
総務省

消費者物価指数平成17年(2005年)基準改定計画

 総務省では,この度,消費者物価指数の平成17年(2005年)基準改定計画を別紙(PDF:39KB)のとおり取りまとめましたので,以下のとおりお知らせします。

1 改定の趣旨

 消費者物価指数は,消費構造の変化に対応するため,西暦年の末尾が0及び5の年に合わせて,5年ごとに基準年を更新する「基準改定」を行っています。改定においては,世帯の消費構造の変化や新たな財・サービスの出現及び普及,規制改革等に伴う価格の多様化など,物価に関する変化を的確に反映させるため,基準時及びウエイトの改定,品目の追加及び整理統合を行うほか,指数の精度向上等の観点から所要の改正を行っています。

2 主な改定の内容

(1)指数の基準時及びウエイトの参照年次の改定
 平成12年から平成17年へ改定

(2)品目の追加及び整理統合
 DVDレコーダー,薄型テレビなど情報関連品目を中心に34品目を追加,重要度の低くなった品目など48品目を整理統合,品目数は598品目から584品目へ

(3)ウエイトの改定
 家計調査の平成17年平均1か月1世帯当たりの品目別消費支出金額により作成

(4)モデル式による指数作成方法の改定
 サプリメントについて,通信販売での利用が多いことから小売物価統計調査による店頭販売価格とホームページ等で確認した通信販売価格を合成した指数を作成
 その他の品目についても現在の状況に合わせたモデル式に改定

(5)作成・公表系列及び分類項目の拡充
 これまで参考指数として年次で作成・公表していたラスパイレス連鎖基準方式による消費者物価指数及び総世帯指数の月次指数を毎月作成・公表
 「情報通信関係費」,「エネルギー」などを新たな分類項目(別掲項目)として追加

3 平成17年基準指数への切替え時期及び公表

 平成17年基準への切替えは,平成18年8月の公表日とし,その際に平成17年1月以降の遡及結果を同時に公表します。



連絡先:総務省統計局統計調査部消費統計課
物価統計室物価指数第一係・第二係
(担当:田中,永井,宮崎)
電話:03-5273-1175(直通)
FAX:03-5273-3129


バック ホーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る