日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > 消費者物価指数(CPI) > 消費者物価指数(CPI)の概要 > 平成17年基準 消費者物価指数 > 平成17年基準中間年見直しについて

ここから本文です。

平成17年基準中間年見直しについて(平成20年1月分から適用)

 消費者物価指数のウエイト及び品目については,消費構造の変化を考慮して,5年ごとに基準を改定することとしており,現在の指数は2005年(平成17年)を基準年としています。 しかし,近年,新商品の急速な普及や消費パターンの急な変化などがみられることから,統計局では次回の基準改定となる2010年(平成22年)を待たず,基準の中間年で品目及びウエイトの見直しを行うこととし,これまで検討状況を公表してきました。 これを踏まえ,平成20年1月分の消費者物価指数からは,品目及びウエイトの一部が下記の資料のとおり変更されます。

資料一覧

バック ホーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る